ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

災害警戒レベル

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年5月20日更新 <外部リンク>

災害警戒レベルについて

 災害対策基本法の改正に伴い、令和3年5月20日から、避難情報が変更されます。
大きな変更点としては、これまで警戒レベル4は、「避難勧告」と「避難指示(緊急)」とされていましたが、「避難指示」に1本化されます。
 警戒レベル4で必ず避難してください。

5段階の警戒レベル

警戒レベル1(最新情報に注意)新しい警戒レベル
 このレベルの警戒情報は、気象庁が警報級の恐れがある場合に発表し、災害に対する心構えを高めることになります。
警戒レベル2(避難方法確認)
 避難に備え、ハザードマップ等により、自ら(家族)の避難行動を確認してください。
このレベルの警戒情報も気象庁が発表するものになります。洪水注意報や大雨注意報、氾濫注意等の注意報がそれに当たります。
警戒レベル3(高齢者等避難)
  避難に時間を要する人(ご高齢の方、障害のある方、乳幼児等)とその支援者の方は、レベル3の警戒情報が出た段階で速やかに避難行動をとりましょう。その他の方は、避難の準備を整えましょう。
このレベルの警戒情報に該当するものは、大雨・洪水警報や氾濫警戒情報等になります。
警戒レベル4(避難指示)
 警戒レベル4が発出される状況下では、速やかに避難行動をとりましょう。避難場所まで安全が確保できない場合は、近くの災害を避けることができる場所、家の中のより安全な場所に避難しましょう。
 避難指示は、避難所への避難が最善だと言ってるわけではありません。身近に避難所よりも安全が確保できる場所があるのであれば、そちらへ身を寄せることも避難行動になります。
水害の際は、水流の圧力により家が流される心配がない場合、水の影響を受けることがない上階へ避難することも十分な避難行動になります。
警戒レベル5(緊急安全確保)
 命を守るための最善の行動をとってください。警戒レベル5が発出される状況は、すでに災害が発生し被害が出ている状況になります。その場所での最善を尽くしましょう。

警戒レベル4で避難を完了してください

 警戒レベルは、5段階を発表していますが、警戒レベル5を出さざるを得ない状況では、既に災害が発生し、被災していたりと避難が難しい状況に陥っている可能性が考えられます。警戒レベル5が発出されてからでは、身を守るために選択できる避難行動が極端に少なくなってしまいます。警戒レベル4の段階で、避難を完了して安全を確保するようにしてください。