ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

子ども医療制度

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年12月26日更新 <外部リンク>

志免町にお住まいのお子様が医療機関を受診したときの自己負担額を助成する制度です。

対象

志免町にお住まいで健康保険に加入している中学校3年生までのお子様

※生活保護法による保護を受けている方、児童福祉施設に入所措置されている方は除く

助成対象範囲

健康保険の対象となる医療費の自己負担相当額(ただし、年齢に応じて一部自己負担があります)

 

 

 

 

 

自己負担
上限額

0歳~3歳の誕生日が
属する月の末日まで

自己負担なし      

 

3歳の誕生日が属する月の
翌月~就学前まで

 

下記自己負担額を医療機関ごとに負担

外来:800円/月

入院:500円/日(月7日限度)

※調剤は無料

 

小学生

下記自己負担額を医療機関ごとに負担

外来:1,200円/月

入院:500円/日(月7日限度)

※調剤は無料

中学生

入院:500円/日(月7日限度)

※外来、調剤は助成対象外

 

申請に必要なもの  

・お子様の健康保険証

・お子様とお子様の生計を維持している扶養義務者の個人番号(マイナンバー)が分かるもの

・申請に来る方の顔写真付きの身分証明書(官公署発行のもの)

・印鑑(スタンプ式不可)

※別世帯の方が来る場合は委任状が必要です。

※扶養義務者の住民票が(※1)前年の1月1日志免町にない場合は、1月1日時点での住民票住所地が分かるものもお持ちください。
(※1)10~12月の申請の場合、当年1月1日)

こんなときは届け出を

・健康保険の内容に変更があったとき

・住所、氏名が変わったとき

・交通事故等第三者からの被害により受診する場合

※転出、死亡、生活保護の開始、もしくは福祉施設に入所し医療費が別に措置されるようになったときは医療証を返還してください。

その他

・入院等により医療費が高額になると見込まれるときは必ず加入中の健康保険の保険者より限度額認定証の交付を受けてください。
限度額認定証を使用せず受診し、高額療養費が発生し、その部分について志免町の子ども医療が負担してしまった場合、高額療養費の返還を請求する場合があります。

小児慢性疾患や更生医療等、他の公費医療の受給要件に該当される場合、必ずそちらを医療機関に提示してください。
その場合、子ども医療は後から払い戻しになります。

・重度障害者医療制度に該当されるお子様は3歳から、ひとり親医療制度に該当されるお子様は小学校入学から申請により各制度へ移行することができます。