ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

志免町の都市計画

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年12月26日更新 <外部リンク>

都市計画とは

『都市計画』とは、都市の発展動向を計画的に誘導することにより、秩序ある市街地の形成を促進し、そこに住む人々の健康で文化的な生活と機能的な活動を確保することを目的として、土地の合理的な利用を図る計画であり、これらを効果的に実現するための活動を言います。

区域区分

都市計画の適用を受ける範囲を都市計画区域といい、志免町では町の面積869ha全体を都市計画区域として指定しています。
都市計画区域内は、既に市街地を形成している区域や計画的に市街化を図るべき区域である『市街化区域』(711ha)と、市街化を抑制する『市街化調整区域』(158ha)とに区分されています。

用途地域

都市計画区域内の土地利用を定める地域地区の基本となる用途地域は、良好な市街地環境の形成を図るため、住居・商業・工業などを適正に配置する枠組みであり、建築基準法と相まって建築物の用途や容積率、建ぺい率、高さなどを規制・誘導するものです。
用途地域には、その目的に応じて13種類あり志免町では9種類を定めています。

福岡広域都市計画総括図(志免町) 閲覧ページ

志免町都市計画マスタープラン

「都市計画マスタープラン」とは、都市計画法に基づいて定める「市町村の都市計画に関する基本的な方針」で、町が創意工夫のもとに住民の意見を反映し、まちづくりの具体性ある将来ビジョンを確立し、地区のあるべき「まち」の姿を定めるものです。

志免町では、平成21年度に「志免町都市計画マスタープラン」を策定し、策定から20年後の令和12年度を目標年次としています。

志免町都市計画マスタープラン 閲覧ページ