ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす上下水道課令和3年度 水道事業会計・下水道事業会計当初予算

令和3年度 水道事業会計・下水道事業会計当初予算

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年3月26日更新 <外部リンク>

▼水道事業会計

[収益的収支]

 水道水をつくり、家庭などに送り届けるために必要な支出と、その財源となる収入のことです。令和3年度は、年間で4,125千立方メートルを各家庭や企業に給水し、料金収入は、9億9,500万円を見込んでいます。
 主な支出は、浄水施設の維持管理費や福岡地区水道企業団への受水費です。

[資本的収支]

 水道施設を整備するために必要な支出と、その財源となる収入のことです。安全かつ安定した水道水を供給するため、老朽化した配水管の布設替え等の整備を実施します。
 
【業務の予定量】
給水戸数 20,050戸
 

区分収入(A)支出(B)差引(A-B)
収益的収支

10億9,606万円

9億2,450万円

  1億7,156万円

資本的収支

3,839万円

5億3,772万円

△4億9,933万円

 

令和3年度 水道事業予算書 [PDFファイル/472KB]

 

▼下水道事業会計

[収益的収支]

 家庭などで使った水をきれいにするために必要な支出と、その財源となる収入のことです。令和3年度は、年間で予測4,052千立方メートルが各家庭や企業から排水され、使用料収入は、6億7,200万円を見込んでいます。
 主な支出は、多々良川浄化センターでの汚水処理に係る維持管理負担金です。

[資本的収支]

 下水道施設を整備するために必要な支出と、その財源となる収入のことです。施設整備の財源は、企業債借入金などです。主な事業としては、公共桝設置及び取付管工事、マンホールポンプ更新工事などを行います。

【業務の予定量】
排水戸数 18,650戸
 

区分収入(A)支出(B)差引(A-B)
収益的収支

11億5,494万円

10億9,085万円

6,409万円

資本的収支

5億3,488万円

7億6,754万円

△2億3,266万円

 

令和3年度 下水道事業予算書 [PDFファイル/533KB]

 


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)