ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがす志免町で暮らすライフステージ保険・年金より多くの年金を受けるには・・・国民年金の制度

より多くの年金を受けるには・・・国民年金の制度

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年8月3日更新 <外部リンク>

国民年金の独自制度のご案内

より多くの年金を受けたい方におすすめします

国民年金には次のような制度があります

付加年金保険料(プラス400円の年金)

国民年金の定額保険料の他に月額400円を納めると、老齢の基礎年金に付加年金が上乗せされます。
このプラス400円の保険料を付加年金保険料といいます。付加年金保険料を納めることができるのは、国民年金第1号被保険者に限られます。役場もしくは年金事務所に届出が必要です。
※国民年金基金に加入している人は、付加保険料を納めることができません。
◆老齢基礎年金の受給額に、《付加年金額(年額) 200円×付加保険料納付月数》が加算されます。

高齢任意加入

国民年金では、20歳から60歳に達するまでが強制加入期間となっています。しかし、保険料未納期間があるために老齢基礎年金の受給資格を満たすことが出来ない方や満額の老齢基礎年金を受給できない方について、加入期間を増やすために、60歳から65歳に到達するまでの間の、任意加入制度があります。保険料、納付方法は一般の被保険者と同様になりますが、強制加入期間ではないので、加入される時は役場もしくは年金事務所に届出が必要です。

国民年金基金

厚生年金に加入しているサラリーマンなどの給与所得者と、国民年金だけにしか加入していない自営業者などの国民年金第1号被保険者とでは、将来受け取る年金額に大きな差が生じます。この年金額の差を解消するためにできた上積みの年金が国民年金基金です。加入できるのは20歳から60歳未満の国民年金第1号被保険者で、保険料を納めている方です。また、付加年金保険料とあわせて加入することは出来ません。掛金などは、加入年齢によって異なりますので、詳しくは福岡県国民年金基金へお問合せ下さい。
福岡県国民年金基金 Tel:0120-65-4192(フリーダイヤル)
国民年金基金連合会ホームページ<外部リンク> (別ウィンドウで開きます)