ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがす志免町からのおしらせおしらせおしらせ宝くじ助成金で消防団備品の整備を行いました

宝くじ助成金で消防団備品の整備を行いました

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年11月11日更新 <外部リンク>

1

一般財団法人自治総合センターによるコミュニティ助成事業(宝くじ助成金)で、志免町消防団に備品(防火衣と角型組立水槽)を整備しました。

2

23

 

○防火衣・・・消防団員が火災現場等災害現場で活動する際に着装する服です。炎や熱気だけでなくあらゆる危険から消防団員を守ってくれます。

 

○角形組立水槽・・・2,500リットルの水を入れることのできる組立型水槽です。消防団の訓練等の際に水利の確保として使用できる他、災害時の貯水用としても利用できます。

 

コミュニティ助成事業とは

一般財団法人自治総合センターが、宝くじの社会貢献広報事業として、コミュニティ活動に必要な備品や集会施設の整備、安全な地域づくりと共生のまちづくり、地域文化への支援や地域の国際化の推進及び活力のある地域づくり等に対して助成を行い、地域コミュニティ活動の充実・強化を図ることにより、地域社会の健全な発展と住民福祉の向上に寄与するための事業です。