ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

地域猫活動団体へ手術券を交付します

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年7月4日更新 <外部リンク>

地域猫活動団体への手術券の交付を実施します

野良猫(飼い主のいない猫) によるふん尿被害、空き家や空き地などで生まれる猫など、現在、 地域を悩ませていることの1つに野良猫の問題があります。問題を解決するために志免町では、 地域猫活動団体に対し、野良猫の不妊・去勢手術券を交付します。

地域猫活動とは

野良猫の問題を解決するには、地域の「猫を助けたい方」と「猫に困っている方」とがお互いに「餌やり以外の管理もする」「排除せず見守る」といった歩み寄りの気持ちを持ち、長期的な視点で解決を目指すことが求められます。地域猫活動とは、地域住民の合意のもと、その地域にお住まいの活動を行おうとする住民(活動グループ)が主体となって、不妊去勢手術や一定のルールに基づいた餌やり、トイレの管理などを行うことにより、猫による生活環境被害を軽減しつつ、猫に一代限りの生を全うさせ、数年かけて地域から野良猫を減らしていく環境美化のための取り組みです。

手術券の対象となる地域猫活動団体とは

(1)地域猫活動を実施する地域の住民を中心とし、2人以上で構成されていること。

(2)地域猫活動について地域住民の理解を得ており、かつ、この地域猫活動について、継続的に地域の理解を得られるような周知活動を行っていること。

手術券の交付内容

補助の内容手術券の額
手術券

去勢手術(オス)

1匹につき15,000円

不妊手術(メス)

1匹につき25,000円

※福岡県の地域猫活動支援事業補助金を活用し、予算の範囲で上記の手術券を交付します。また公益社団法人福岡県獣医師会指定の動物病院でのみ使用できます。

団体登録および手術券交付申請について

野良猫写真

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)