ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがす志免町からのおしらせおしらせ新型コロナウイルスマスクの着用で咳エチケットを心がけましょう~マスクの作り方~

マスクの着用で咳エチケットを心がけましょう~マスクの作り方~

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年4月17日更新 <外部リンク>

新型コロナウイルス感染症の患者が、福岡県でも急速に増加しています。感染対策の基本は「手洗い」や「マスクの着用を含む咳エチケット」です。くしゃみや咳をしたときの飛沫にウイルスが含まれているかもしれません。マスクの着用で人への感染を防ぎましょう。

しかし現在、使い捨てマスクが不足した状態が続いています。マスクが着用できない場合の咳エチケットとして、ティッシュ・ハンカチで鼻・口を覆う、袖で鼻・口を覆うことを心がけましょう。
また、マスクを布やキッチンペーパーで手作りすることもできます。布マスクには、手で口や鼻に触れることを防ぎ、感染拡大を防止する効果や、喉・鼻の乾燥を防ぎ風邪などにかかりにくくなる効果があります。

マスクの作り方

○福岡市ホームページ

ガーゼ生地を使ったマスクの作り方の例【福岡市ホームページ】<外部リンク>

布マスクは1日1回洗濯しましょう

布マスクは1日1回洗濯しましょう。また、汚れが付いたらその都度洗いましょう。

布マスクの洗い方

1.衣料用洗剤を溶かした水に10分間ひたす。

2.衣料用洗剤を溶かした水の中で、軽く押し洗いする。

3.十分なすすぎをする。

4.清潔なタオルで水気をとり、陰干しで自然乾燥させる。

 

汚れが気になる場合は

1.衣料用洗剤で洗い、すすいだ後に塩素系漂白剤を溶かした水に10分間ひたす。

2.においがなくなるまで十分なすすぎをする。

3.清潔なタオルで水気をとり、陰干しで自然乾燥させる。

※塩素系漂白剤を使うときは手袋をつけましょう

※変色する可能性があるので、色物、柄物は注意しましょう

布マスクをご利用のみなさまへ【経済産業省YouTube】<外部リンク>

使用したマスクなどの捨て方

新型コロナウイルス感染症に感染した方や、その疑いがある方が使用したティッシュやマスク、看護の際に使用したマスクや手袋は、他の人が触れないように捨てましょう。

捨てる際に気を付けるポイントは3つです。

・マスクはゴムやヒモの部分を持って外して捨てましょう。手袋は手首部分をつまみ、指先方向に引っ張って、手袋の外側が内側になるように外して捨てましょう。マスクの表面や手袋の外側にはウイルスが付いていると考えられるため、触らないようにします。

・マスクや手袋などを捨てたゴミ袋は、口をしっかり縛っておきましょう。ゴミ袋から、ウイルスが空中に飛んでいくのを防ぎます。

・ゴミを捨てたあとはすぐに手を洗いましょう。ゴミを捨てるときに手についたかもしれないウイルスを洗い流します。