ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがす志免町からのおしらせおしらせ新型コロナウイルス新型コロナウイルス感染症の疑いがある場合の対処法

新型コロナウイルス感染症の疑いがある場合の対処法

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年4月30日更新 <外部リンク>

気になる症状がある人が気を付けることは?

  • 発熱などの症状がある場合、仕事や学校を休み外出を控えて、自宅で安静・療養する。
  • 同居する家族などと、できる限り部屋を分ける。
  • 咳エチケットを必ず行う。
  • 毎日2回(朝・夕)体温を測る。
  • こちらのページで示している症状がみられたら、保健所に設置されている帰国者・接触者相談センター092-939-1746)へご相談ください。

家庭や施設内で感染の疑いがある方へのケアは?

1.注意すること

  • 感染の疑いがある方をケアする場合は、部屋に入る時にマスクを着用し、こまめに石鹸で手を洗いましょう。
  • タオルは使い捨ての紙製のものが望ましいです。
  • マスクを着けた後はマスクの表面に触れないようにし、ゴムや紐をつまんで外しましょう。
  • 鼻水やたんが付着したティッシュや使用後のマスクはビニール袋に入れ、しっかり口を閉めて捨てましょう。

2.感染経路

 新型コロナウイルス感染症は、発症すると咳やたん、鼻水などの症状が現れます。咳やくしゃみで飛び散った唾液などに含まれているウイルスを、口や鼻から吸い込むことにより感染します(飛沫感染)。また、咳や鼻水などに触れた手でドアノブやスイッチを触り、その場所を別の人が触れた手で目や鼻を触ることにより感染します(接触感染)。

3.家庭や施設内での過ごし方

 感染の疑いある方とできる限り部屋を分けた上で、室内をよく換気し、手洗いや清掃、消毒を徹底するなど、複数の対策を組み合わせて他の方への感染を予防しましょう。