ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがす志免町からのおしらせおしらせ新型コロナウイルス自立支援医療(精神通院)と精神障害者保健福祉手帳の新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえた対応について

自立支援医療(精神通院)と精神障害者保健福祉手帳の新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえた対応について

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年5月20日更新 <外部リンク>

自立支援医療(精神通院)の有効期間延長と精神障害者保健福祉手帳の更新手続きの臨時的な取扱いについて

新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえ、下記のとおり対応いたします。

詳細につきましては個別のページをご覧ください。

参考:福岡県のホームページ(新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえた自立支援医療受給者証(精神通院医療)の有効期間延長、及び精神障害者保健福祉手帳の更新手続きの臨時的な取扱いについて)<外部リンク>

自立支援医療(精神通院)の更新手続きについて

令和2年3月1日から令和3年2月28日までの間に受給者証の有効期間が満了する方は、手続き不要で有効期間を1年間延長することができます。

診断書の取得や受給者証の書き替えも不要です。

また、1年間延長した有効期間が満了する前に、更新手続きが必要です。

詳細はこちらをご覧ください。

精神障害者保健福祉手帳の更新手続きについて

令和2年3月1日から令和3年2月28日までの間に手帳の有効期限を迎える方のうち、更新時に診断書を提出する必要のある方は、診断書提出を1年間猶予した上で更新手続きすることができます。

ただし、診断書の提出を免除されたものではなく、1年以内に必ず提出する必要がありますのでご注意ください。

更新手続きは必要ですが、郵送申請も可能です。

詳細はこちらをご覧ください。