ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

大人の風しん予防接種費用を助成します

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年8月4日更新 <外部リンク>

風しん予防接種費用を助成します

風しんの免疫を持っていない女性が妊娠初期に感染すると、生まれてくる赤ちゃんが目や耳、心臓などに病気を持って生まれてくる「先天性風しん症候群」になることがあります。
志免町では、妊婦さんの風しん感染及び子どもの先天性風しん症候群を予防するため、下記のとおり風しん予防接種費用の一部を助成します。

対象者

接種時に志免町に住民票があり、風しん抗体検査を受け、風しんの抗体価が低い(下表の抗体価未満)ことが判明した人

 1.妊娠希望者(妊婦は除く)
 2.風しんの抗体が不十分な妊娠希望者または妊婦と同居している配偶者(パートナー含む)および同居者(生活空間を同一にする頻度が高い家族など)
方法抗体価

風しん抗体検査結果 基準値一覧

HI法32倍
EIA法使用する検査キットがウイルス抗体EIA「生研」ルベラIgG(デンカ生研株式会社)の場合、
EIA 価 8
使用する検査キットがエンザイグノストB風疹/IgG(シーメンスヘルスケア・ダイアグノスティクス株式会社)の場合、
30 IU/mL
ELFA法使用する検査キットがバイダス アッセイキットRUB IgG(シスメックス・ビオメリュー株式会社)の場合、
45 IU/mL
LTI 法使用する検査キットがランピア ラテックスRUBELLA(極東製薬工業株式会社)の場合、
30 IU/mL
CLEIA 法使用する検査キットがアクセス ルベラIgG(ベックマン・コールター株式会社)の場合、
45 IU/mL
使用する検査キットがi-アッセイCL 風疹IgG(株式会社保健科学西日本)の場合、
抗体価 14
FIA 法使用する検査キットがBioPlex MMRV IgG(バイオ・ラッド ラボラトリーズ株式会社)の場合、
抗体価AI* 3.0
使用する検査キットがBioPlex ToRC IgG(バイオ・ラッド ラボラトリーズ株式会社)の場合、
30 IU/mL

* 製造企業が独自に調整した抗体価単位


※平成26 年2 月25 日付厚生労働省健康局結核感染症課事務連絡「予防接種が推奨される風しん抗体価について」を参考。

 

助成額

一人1回まで5,000円を上限

接種期間

令和2年4月1日から令和3年3月31日まで
※年度末に接種すると申請期限まで時間がありませんので、ご注意ください。

申請期間

令和2年4月1日から令和3年3月31日まで

助成方法

風しん抗体検査の結果を確認後、各医療機関で予防接種(麻しん風しん混合ワクチン、または風しん単独ワクチン)をしてください。
一旦、全額を負担していただき、申請後に助成金額を指定の口座に振り込みます。
振り込みは申請後、約1か月かかります。

風しん抗体検査について

予防接種を受ける前に、必ず風しん抗体検査を受けて、予防接種対象に該当するか否かを確認してください。
福岡県と契約を結んだ医療機関で無料実施されています。詳細は医療機関へお問い合わせください。

◆福岡県と契約している町内医療機関◆(令和2年6月17日現在)
とくなが子供クリニック、森塚内科クリニック、甲斐クリニック、めぐみ内科クリニック、合屋クリニック、杉原レディースクリニック、西条クリニック、権丈産婦人科医院、青洲会クリニック、産婦人科筑紫クリニック、うかじ小児科医院、森高脳神経外科クリニック、緑風会水戸病院、満安内科医院、ふちだ内科クリニック、社会保険仲原病院、博多の森内科クリニック、岩本クリニック、栄光病院、栄光会ファミリークリニック

風しん抗体検査の対象者及び契約医療機関は県ホームページから確認できます。

申請方法

必要書類、印鑑をご持参のうえ、健康課窓口で申請してください。

【必要書類】
・申請書(窓口にも準備しています)
・予防接種に要した費用が確認できるもの 領収書(原本)
・予防接種を受けた日が確認できる書類(予診票の写しなど)
・接種を受けた人の抗体検査の結果票(原本)
・印鑑
・接種を受けた人名義の金融機関の口座がわかるもの(通帳など)

<妊娠希望者または妊婦の配偶者及びパートナー、同居者の場合>
以下の書類も必要です。
・妊娠希望者または妊婦の抗体検査の結果票(原本)

【注意事項】
1.妊婦さんへの接種はできません。
2.女性が接種を受ける場合は、妊娠していないことを確認してください。なお、接種後2か月は妊娠を避けてください。
3.この予防接種は任意接種で、希望する人に対して助成を行うものです。接種については、副反応や健康被害救済制度を事前にご確認ください。

副反応について

予防接種を受けた後に副反応が現れることがあります。主な症状として、発熱・発疹・注射部位腫脹等があります。詳細については、接種する医療機関の医師にお尋ねください。

健康被害救済制度

この予防接種は、予防接種法に基づかない任意の種類であるため、健康被害については、独立行政法人医薬品機器総合機構法による「医薬品副作用被害救済制度」が適用になります。