ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

令和2年度高齢者肺炎球菌ワクチン予防接種

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年9月14日更新 <外部リンク>

高齢者肺炎球菌ワクチン

対象者

(1)生年月日が以下の表に当てはまる方で、過去に肺炎球菌ワクチン(23価)の接種を受けたことがない者

生年月日

年齢

昭和30年4月2日~昭和31年4月1日65歳となる方
昭和25年4月2日~昭和26年4月1日70歳となる方
昭和20年4月2日~昭和21年4月1日75歳となる方
昭和15年4月2日~昭和16年4月1日80歳となる方
昭和10年4月2日~昭和11年4月1日85歳となる方
昭和5年4月2日~昭和6年4月1日90歳となる方
大正14年4月2日~大正15年4月1日95歳となる方
大正9年4月2日~大正10年4月1日100歳となる方

(2)60歳以上65歳未満の者であって、心臓、腎臓もしくは呼吸器の機能またはヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に障害を有する者(障害者手帳1級程度)

接種期間

令和2年4月1日~令和3年3月31日

接種場所

指定医療機関(町内の指定医療機関は「予防接種・各種検診 実施施設一覧」でご確認ください)

接種方法

1回接種

接種料金(自己負担金)

4,000円

※ 生活保護受給者および中国残留邦人等支援給付の受給者は無料

持ってくるもの

本人確認ができるもの
 

○以下は、該当者のみ

身体障害者手帳1級程度をお持ちの方 … 身体障害者手帳

生活保護受給者 … 診療依頼書

中国残留邦人等支援給付の受給者 … 中国残留邦人の本人確認証

注意事項

すでに肺炎球菌ワクチン(23価)の接種を受けたことがある者は接種対象外

令和元年度が対象だった方へ

【高齢者肺炎球菌予防接種】令和元年度対象者の接種期間延長について のお知らせをご確認ください