ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

5月12日は「民生委員・児童委員の日」です!

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年3月25日更新 <外部リンク>

民生委員・児童委員とは

 民生委員は、各市町村に置かれるボランティアで、住民の皆さんの最も身近な相談相手です。志免町では原則町内会ごとに配置され、常に住民の皆さんの立場に立ち親身になって相談に応じ、必要な支援を行い、社会福祉の増進に努めています。また、子どもたちを見守り、子育ての不安や妊娠中の心配ごとなどの相談・支援等を行う児童委員も兼ねています。
 お住まいの地域の民生委員・児童委員についてはこちらでご確認ください。

活動内容について

 民生委員・児童委員は、医療や介護の悩み、妊娠や子育ての不安、失業や経済的困窮による生活上の心配ごとなどさまざまな相談に応じています。さらに、相談内容に応じて関係機関へのつなぎ役となったり、高齢者や障害のある方の見守りや援助、子どもたちへの声かけなどを行ったりしています。
 このように、民生委員・児童委員は、地域住民の皆さんが安心して生活していく上でなくてはならない重要な活動を担っています。
※志免町役場において、原則、毎月第2・4水曜日に『心配ごと相談』を開催しています。詳細については、広報をご確認ください。

民生委員・児童委員の日について

 上記のような活動を進めるには、民生委員・児童委員の存在や活動について、地域住民の皆さんや関係機関・団体等に理解を深めていただき、信頼関係を築いていくことが大切です。
 そのために、全国民生委員児童委員連合会では、5月12日を「民生委員・児童委員の日」、5月12日から18日を「活動強化週間」と定め、さまざまなPR活動等を展開していくこととしています。
 この機会にぜひ民生委員・児童委員について関心を持っていただき、活動へのご理解とご協力をお願いします。

民生委員制度創設100周年

 民生委員制度は、大正6年に創設され、平成29年に創設100周年を迎えた、歴史と実績を有する制度です。

民生委員100周年シンボルマーク