ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

下水道事業経営戦略

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年3月31日更新 <外部リンク>

「志免町公共下水道事業経営戦略」を策定しました

策定の趣旨

下水道は、町民の衛生的で快適な生活環境を支え、河川等の公共用水域の水質保全に役立てるため、欠かすことができない重要な都市施設です。

本町の下水道事業は、昭和62年に事業に着手して以来、順次整備を進めてきました。平成27年度末の公共下水道における下水道処理人口普及率は99.8%(全国平均77.8%)であり、高水準となっております。
この経営戦略は、下水道事業を取り巻く社会環境の変化に適切に対応し、より一層の経営基盤の強化を図ることにより、町民に安定、持続可能な下水道サービスを提供していくための指針として策定するものです。

計画期間

平成29年度~平成38年度までの10年間

適宜、検証を行い、5年後に見直しする予定です。

経営の基本方針

町民のみなさまに安定・持続可能な下水道サービスを提供するために次のことに取り組みます。

・計画的、効率的な施設の維持管理
  ストックマネジメント計画に基づき、管きょの維持管理や更新に努めます。

・下水道接続の促進と収益の確保
  下水道整備地区の水洗化を促進し、下水道使用料収入の確保に努めます。

・組織の見直しと技術の継承
  事務の効率化を進め、組織内の知識と技術を共有化し、技術の継承に努めます。

経営戦略


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)