ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがす志免町からのおしらせおしらせ新型コロナウイルス感染症に関する対応「福岡コロナ特別警報」が発動されています(新型コロナウイルス感染症対策)

「福岡コロナ特別警報」が発動されています(新型コロナウイルス感染症対策)

印刷用ページを表示する 掲載日:2022年7月25日更新 <外部リンク>

7月22日、福岡県は、「福岡コロナ警報」を「福岡コロナ特別警報」に引き上げました。

福岡県では、過去最多の1万人を超える新規陽性者が確認され、まさに第7波のただ中にあります。

このまま、感染拡大が続けば、高齢者等を中心に入院者数、重症者数が増加する心配があり、救急・通常医療も含めて、医療への負荷が極めて大きくなるおそれがあります。

皆さまには、最大限の警戒感をもって感染防止対策を徹底するとともに、可能な範囲で医療への負荷をかけないような行動をお願いいたします。

福岡コロナ特別警報発動   換気をしっかり   希望者は早めのワクチン接種を  救急外来について

福岡コロナ特別警報の発動について【福岡県ホームページ】<外部リンク>

福岡県からの要請

現段階では行動制限を行わないという国の考え方を踏まえ、福岡県では、行動制限を伴う要請は行われていません。

社会経済活動、学校・教育活動との両立を図るため、より一層の感染防止対策の徹底や医療を守るための協力をお願いします。

県民の皆さまへの要請

より一層の感染防止対策の徹底

■ワクチン接種した方も含め、マスクの正しい着用、手指の消毒、三密の回避、換気など、基本的な感染防止対策の徹底をお願いします。

エアロゾル感染を防ぐためにも、特に、換気を徹底してください。

■会食や会合など、人が集まる場所に参加する場合は、人との距離を確保し、大声など感染リスクが高まる行動を自粛してください。

■外食の際は、県の第三者認証を受けた「感染防止認証店」をはじめ、業種別ガイドラインを遵守している飲食店を利用してください。

■発熱や倦怠感など、少しでも体調が悪ければ外出を控え、医療機関を受診してください。

■発熱などの症状がなくても、感染不安を感じる方や、帰省や旅行、会食などの予定のある方は、無料検査を活用してください。

■帰省などで高齢者等と接する方は、屋内でもマスク着用・こまめな換気など、感染防止対策を徹底し、高齢者を守る行動をお願いします。

■ワクチン接種について、高齢者等の方には早めの4回目接種の検討、若い世代の3回目接種がまだの方には早めの接種の検討をお願いします。

 

医療を守るための協力

■軽度の発熱や咳、のどの痛みといった症状の方も含め、夜間、休日の受診者が急増し、検査・診察までに長時間の待機を要しており、小児の方、高齢者の方、基礎疾患を有する方の診療が困難な状況です。

受診が可能な方は、平日日中に近くの診療・検査医療機関を受診してください。

■コロナが疑われる方で119番通報を悩む場合は、通報の前に、まず24時間対応の「受診・相談センター」に相談してください。

発熱等症状がある場合の相談先
時間帯 相談先
平日 8時30分から17時15分まで  

受診・相談センター(保健所)(管轄区域:糟屋郡、古賀市)

電話番号 092-939-1746   Fax番号 092-939-1186

夜間・休日

新型コロナウイルス感染症一般相談窓口

電話番号 092-643-3288

発熱等症状がある場合の相談・受診方法【福岡県ホームページ】<外部リンク>

 

自宅療養について

■ご自身が陽性者になり、自宅療養する場合に備え、日頃から解熱剤や食料、日用品などを備蓄しておきましょう。

■自宅療養中に症状が悪化した場合には、平日日中は保健所に、休日・夜間は専用ダイヤルに、まずは連絡してください。

保健所からSMS(ショートメッセージサービス)により、療養上の留意事項の連絡等が届いた場合、必ずメッセージを確認してください。

 

事業者の皆さまへの要請

■改めて業種別ガイドラインを確認し、遵守してください。特にこれからの季節はエアコンの使用で窓を閉めることが多くなるため、換気の徹底をお願いします。

■祭り、コンサート等のイベントの主催者は、規模・内容により「感染防止安全計画」または「感染防止策チェックリスト」を作成し、換気の徹底や来場者の密集回避などの感染防止対策の着実な実行をお願いします。

 

福岡県知事によるメッセージ動画

「福岡コロナ特別警報発動に伴う知事からのメッセージ」の動画が配信されています。

福岡県知事メッセージ動画<外部リンク>