ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

福岡コロナ警報が発動されています【12月12日から】

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年12月15日更新 <外部リンク>

「福岡コロナ警報」発動による協力要請について

福岡県では、12月12日、医療提供体制がひっ迫する事態を避けるため、「福岡コロナ警報」を発動し、医療機関における病床の準備等の体制整備が進められています。

医療提供体制の維持・確保のため感染拡大を防がなければなりません。県から県民、事業者の皆さまへ次のとおり協力要請があっていますので、ご協力をお願いします。

福岡県ホームページ「福岡コロナ警報」<外部リンク>

 

住民の皆さまへのお願い

日常生活において、次のとおり感染防止対策を徹底してください。

■混雑する時期や場所を避けること。外出に当たっては、自分の健康状態、目的地の感染状況、利用する施設の感染防止対策をよく確認して判断すること。

■会食は、「感染防止宣言ステッカー」掲示店<外部リンク>など、感染防止対策を徹底しているお店を利用し、会話の際は、マスクを着用し、大声を避けること。

■高齢者など重症化しやすい人に感染を広げないよう、高齢者に接する機会が多い人は慎重に行動すること。

■発熱など体調がすぐれないときは、早めに医療機関を受診すること。

■検査の結果、陽性の判定で軽症または無症状の場合、保健所からの宿泊療養施設への入所の依頼に従うこと。

 

事業者の皆さまへのお願い

店舗や事業所では、次のとおり感染防止対策を徹底してください。

■業種別ガイドラインに従った感染防止策の徹底とステッカーを掲示<外部リンク>すること。(対策の実施に当たっては、新型コロナウイルス感染防止対策助成金を活用してください。)

■適切な換気と適度な保湿に努めること。(室温18度以上、湿度40%以上を目安に)

■休憩室や喫煙室、更衣室でのマスク着用、身体的距離の確保などの基本的な感染防止対策を徹底すること。

■高齢者・障がい者の福祉施設(入所系)にあっては、県等が実施する職員を対象とした定期的なPCR検査を活用し、感染防止対策に努めること。