ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

4K8K放送が始まります。

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年4月1日更新 <外部リンク>

だまされんバイ!消費者問題 30年4月

新4K8K衛星放送が始まります

 今年、2018年12月より衛星放送(BS・110度CS)で新4K8K衛星放送(スーパーハイビジョン)が始まります。BS衛星
今までのフルハイビジョン(フルHD)2K放送の4倍16倍の高精細な画質の放送で立体感、臨場感ある映像が楽しめます。

新4K8K衛星放送を見るための注意

○現在 販売されてる4Kテレビでは、単体で新4K8K衛星放送は、視聴できません。
 平成30液晶テレビ年1月現在で売られているテレビでは、新4K8K衛星放送に対応したチューナー(受信機)を内蔵していないため、新たに新4K8K衛星放送対応のチューナーを買って取り付けるか、新4K8K衛星放送対応のテレビに買い替えないと視聴ができません。(平成29年12月で新4K8K衛星放送に対応したチューナーを内蔵したテレビは販売されていません。)
 また、新4K8K衛星放送に対応しているチューナー内蔵のレコーダーでなければ新4K8K衛星放送の録画はできません。

○アンテナの対応を確認してください。
 新4K8K衛星放送は、電波の伝送方法に今までの右旋円偏波だけでなく、左旋円偏波も利用するようになります。BS
今までのアンテナでは、右旋円偏波しか受信できないため視聴したい放送局が左旋円偏波を使用している場合は、アンテナの買い替えが必要になります。(4K衛星放送は、右旋円偏波6ch、左旋円偏波4ch、8K衛星放送は左旋円偏波1chのチャンネルでの放送をを予定しています。)

今までの放送も引き続き放送されます

 新4K8K衛星放送が開始されても、今までの放送に置き換わるものではなく、2025年まで、2K衛星放送、地上デジタル放送は、引き続き放送される予定になっています。
2025年以降については、総務省の放送計画により変わってきますが、広報、事前準備期間無しに現在の放送を中止することは、まずありません。
 4K8Kまでの画質、視聴環境が必要でない場合は、ご利用中のテレビとレコーダー、チューナーなどが故障しない限り当分の間視聴できます。

新4K8K衛星放送に関するお問い合わせは

新4K8K衛星放送コールセンター(ナビダイヤル:通話料は、利用者の負担になります)
電話番号  0570-048-001(一般電話からは、市内通話料金でご利用いただけます)
運用時間  平日9:00~17:00