ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ志免町の史跡と文化財五郎丸古墳群(ごろうまるこふんぐん)

五郎丸古墳群(ごろうまるこふんぐん)

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年12月26日更新 <外部リンク>

所在地:志免町王子3丁目

古墳時代中期に築かれた古墳で、高さ1.75m、直径15mの円墳です。
主体部は竪穴系横口式石室です。

五郎丸02

石室から「はそう」・「壺」・「直口壺」が出土しました。

五郎丸03

「はそう」は非常にシャープなつくりであり、一条の波状文などが見られます。

五郎丸01

古墳・古墳群トップへ