ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

排水管洗浄のトラブルに注意

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年6月18日更新 <外部リンク>

排水管の清掃や修理での消費者問題が増えています

「下水道管の調査や点検をする」などと言って訪問し、必要のない排水管の清掃をする事業者とのトラブルや、慌てて呼んだ事業者に「高額な清掃代金や修理代金を請求された」などのトラブルが起きています。

格安で排水管の洗浄ができるというチラシが出回っています

<事例1> 「自宅ポストに排水管高圧洗浄のチラシが入っていた。期間限定として、地域で一斉工事を行うため、通常は数万円程度かかるものが○千円でできると書いてある。この工事は町(町役場)で行っているのか。」

事例2 「投げ込みチラシを見て格安で排水管洗浄ができると思い、業者に見積もりに来てもらった。しかし、『敷地全体で約○万円かかる』『放置すると流れなくなる』と言われ、不安になりその場で契約し、作業をしてもらった。家族に高すぎると言われ、後悔している。返金可能か

解説とアドバイス

 <事例1>のようなチラシには、「○○地区にお住いのみなさまへ」などと公共工事と誤って理解させようとする表現で記載されている場合があります。個人の所有物である宅地内の排水設備に対して、町が排水管清掃や無料点検を行うことはありません。
 <事例2>の場合は、「見積り」のためだけに訪問を依頼しているのに不安を煽ったり、期間限定と急かしたりして契約していますので、「訪問販売」にあたり、クーリングオフが可能となります。投げ込みチラシには、小さな文字で「1個所○○円」と書いてあり、洗浄工事を行ってしまうと何カ所も工事が必要と言われ、高額な請求をされることになります。

 水漏れや排水管の詰まりなどの緊急時に慌てないためには、事前に町の指定工事店などを参考にして信頼のできる事業者を数社調べておくことが大切です。

また、修理などを依頼する時は、複数の事業者から見積もりを取って比較検討できるようにしましょう。

  ・必要のない工事は、はっきり断ることが大切です。

  ・知らない相手の訪問の対応は、ドアを開けないようにしましょう。

  ・トラブルの際は、警察にも連絡しましょう。