ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがす志免町で暮らすライフステージ医療と健康魚介類をおいしく食べるメニュー「わかめの水餃子」

魚介類をおいしく食べるメニュー「わかめの水餃子」

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年12月26日更新 <外部リンク>

わかめの水餃子

 わかめなどの海そうは水溶性食物繊維が多く、糖やコレステロールの吸収を抑え、メタボ予防にはおススメの食材です。 そこで、わかめを使ったヘルシーで、切るものも少なく、簡単にできる水餃子を紹介します。 わかめの水餃子の写真

材料

わかめ(生)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・80g
豚ひき肉・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・80g
木綿豆腐・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・4分の1丁
甜面醤・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・小さじ2
ぎょうざの皮・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・30枚
小松菜・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1束
(黒ゴマのたれ)
ごま油・すり黒ゴマ・酒・・・・・・・・・・・・各小さじ2
しょうゆ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ1
酢・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・小さじ1
豆板醤・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・小さじ2分の1

作り方

(1)わかめは細かくきざみ、豆腐は水きりしておく。

(2)黒ゴマのたれの調味料を合わせておく。

(3)ボウルにひき肉とわかめ、豆腐、甜面醤(甘みそ)を入れてよく混ぜ、30等分して皮に包む。

(4)たっぷりのお湯で餃子をゆでて浮いてきたら、3cm長さに切った小松菜を入れてサッとゆで、湯切りして皿に盛り、黒ゴマのたれをかける。

ポイント

 味付けはコクを出すために甜面醤を使いましたが、しょうゆと酒、ごま油などでもおいしいです。油を使わないので、あっさりしていますが、黒ゴマの風味で物足りなさはありません。