ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす健康課精神障害者保健福祉手帳

精神障害者保健福祉手帳

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年10月1日更新 <外部リンク>

精神障害者保健福祉手帳

精神障がいのため長期にわたり日常生活または社会生活への制約がある方が対象です。

該当精神疾患に関する初診日から6か月以上経過した時点で申請可能です。

精神障害者保健福祉手帳は健康課窓口で申請した後、精神保健福祉センターでの審査が必要です。

新規申請・更新申請に必要なもの

申請方法により必要な書類が異なります。

診断書による申請

  1. 障害者手帳申請書
  • 県の指定の様式があります。様式については健康課窓口にてお渡ししています。
  • 申請書には印鑑を押すところがあります。3枚複写になっていますので、すべて押印してください。
  • 申請時に窓口でご記入いただけます。
  1. 精神障害者保健福祉手帳用診断書
  • 県の指定の様式があります。様式については健康課窓口にて受け取られるか、下記よりダウンロードしてください。
  • 診断書は初診日から6か月以上経過した日以降に作成されたもの、診断書作成日が申請日の3か月以内のものが必要となります。

      診断書(精神障害者福祉手帳用) [Wordファイル/63KB] 

  1. 写真
  • 縦が4センチメートル、横が3センチメートル、1年以内に撮影したもの、上半身を写したもので帽子やサングラス等を装着していないものが必要です。
  • 更新申請の場合は新手帳が交付されてから4回は有効期限を書き換えて交付することができます。(その場合は写真は不要です。)有効期限の更新欄が満載の場合や写真変更を希望される場合は、写真が必要となります。
  1. 印鑑
  1. 申請者のマイナンバーが確認できる通知カードまたは個人番号カード
  • 申請者が18歳未満の場合は、申請者と保護者のマイナンバーが確認できる通知カードまたは個人番号カードが必要です。
  • 個人番号入り住民票でも構いません。

年金証書等による申請

  1. 障害者手帳申請書
  • 県指定の様式があります。様式については健康課窓口にてお渡ししています。
  • 申請書には印鑑を押すところがあります。3枚複写式になっていますので、すべて押印してください。
  • 申請時に窓口でご記入いただけます。
  1. 「障害年金」もしくは「特別障害給付金」を現に受給していることを証する年金証書等
  • 年金証書等は精神障がいを支給事由としたものに限ります。
  1. 直近の年金振込通知書または年金支払通知書の写し
  2. 同意書(年金照会用)
  • 県指定の様式があります。様式については健康課窓口にて受け取るか、下記からダウンロードしてください。
  • 申請時に窓口でご記入いただけます。

      同意書(年金照会用) [Wordファイル/23KB]

  1. 写真
  • 縦が4センチメートル、横が3センチメートル、1年以内に撮影したもの、上半身を写したもので帽子やサングラス等を装着していないものが必要です。
  • 更新申請の場合は、新手帳が発行されてから4回は有効期限を書き換えて交付することができます。(その場合は写真は不要です。)有効期限の更新欄が満載の場合や写真変更を希望される場合は、写真が必要となります。
  1. 印鑑
  1. 申請者のマイナンバーが確認できる通知カードまたは個人番号カード
  • 申請者が18歳未満の場合は申請者と保護者のマイナンバーが確認できる通知カードまたは個人番号カードが必要です。
  • 個人番号入り住民票でも構いません。

記載事項変更申請に必要なもの

住所(福岡市・北九州市を除く福岡県内の住所変更の場合)や氏名が変更になった場合は記載事項変更の届け出が必要となります。

  1. 障害者手帳記載事項変更届・再交付申請書
  • 県指定の様式があります。様式については健康課窓口にて受け取れらるか、下記よりダウンロードして下さい。
  • 申請時に窓口でご記入いただけます。

      障害者手帳記載事項変更届・再交付申請書 [Wordファイル/32KB]  

  1. 精神障害者福祉手帳原本
  2. 印鑑

他県からの転入申請に必要なもの(福岡市・北九州市からの転入を含む)

他県や福岡市・北九州市など政令指定都市からの転入の場合は下記の届け出が必要となります。

  1. 障害者手帳用申請書
  • 県指定の様式があります。様式については健康課窓口にてお渡ししています。
  • 申請書には印鑑を押すところがあります。3枚複写式になっていいますので、すべて押印してください。
  • 申請時に窓口にてご記入いただけます。
  1. 障害者手帳記載事項変更届・再交付申請書
  • 県指定の様式があります。様式については健康課窓口にて受け取られるか、下記よりダウンロードしてください。
  • 申請時に窓口でご記入いただけます。

      障害者手帳記載事項変更届・再交付申請書 [Wordファイル/32KB]

  1. (他県都道府県・福岡市・北九州市が発行した)障害者手帳原本
  2. 写真
  • 縦が4センチメートル、横が3センチメートル、1年以内に撮影したもの、上半身を写したもので帽子やサングラス等を装着していないものが必要です。
  1. 印鑑
  1. 申請者のマイナンバーが確認できる通知カードまたは個人番号カード
  • 申請者が18歳未満の場合は申請者と保護者のマイナンバーが確認できる通知カードまたは個人番号カードが必要です。
  • 個人番号入り住民票でも構いません。

再交付申請に必要なもの

精神障害者福祉手帳を破損された場合や紛失した場合は再交付の届け出が必要となります。

  1. 障害者手帳記載事項変更届・再交付申請書
  • 県指定の様式があります。様式については健康課窓口にて受け取られるか、下記よりダウンロードしてください。
  • 申請時に窓口でご記入いただけます。

     障害者手帳記載事項変更届・再交付申請書 [Wordファイル/32KB]

  1. 写真
  • 縦4センチメートル、横3センチメートルで、1年以内に撮影したもの、上半身を写したもので帽子やサングラス等を装着していないものが必要です。
  1. 印鑑

以下の書類もお持ちください

マイナンバー制の導入に伴って、精神障害者保健福祉手帳申請の際に、番号確認書類(マイナンバーが確認できる通知カード、個人番号カード、個人番号入り住民票)と本人確認書類が必要となります。

  1. 本人確認書類
  • 運転免許証、個人番号カード、精神障害者保健福祉手帳など公的機関が発行した顔写真ありのものであれば1点、健康保険証、後期高齢者医療受給者証、年金証書、診療依頼書、自立支援受給者証、マイナンバー通知カード、住民票など公的機関が発行した顔写真なしのものであれば2点以上必要です。
  • 申請者と精神障害者福祉手帳を交付される人が異なる場合は、それぞれの本人確認書類が必要です。
  1. 委任状
  • 代理人が申請される場合のみ必要となります。
  • 様式については健康課窓口で受け取られるか、下記からダウンロードしてください。

     委任状 [Wordファイル/12KB]

詳しくは下記をご覧ください。

     マイナンバーに関する説明 [PDFファイル/195KB]

注意事項

  • 精神障害者福祉手帳の有効期限は2年間です。継続を希望される場合は、2年毎に手続きが必要になります。
  • 更新手続きの際は、手帳に記載されている有効期間に注意し、継続される場合は再認定の申請をしてください。再認定は有効期限の3か月前から申請できます。
  • 手帳の有効期限が切れた時や、その他不要になったときは手帳を返還してください。
  • 精神障害者福祉手帳で利用可能なサービスは等級により異なります。詳しくは「障がい者福祉のしおり」をご覧ください。「障がい者福祉のしおり」は福祉課窓口にあります。

 


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)