ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがす志免町で暮らすライフステージ妊娠・出産不安を抱える妊婦への新型コロナウイルス感染症検査について

不安を抱える妊婦への新型コロナウイルス感染症検査について

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年11月18日更新 <外部リンク>
新型コロナウイルス感染症の流行が続く中、妊婦の方は自身の健康のみならず、胎児への影響や出産後のことも心配するなど、妊婦特有の不安を抱いて生活されています。
このため福岡県は、新型コロナウイルス感染症の検査を希望される妊婦の方を対象に、分娩前のPCR等検査を実施します。
また、新型コロナウイルスの感染が確認された妊産婦の方については、退院後等に助産師や保健師等が訪問や電話等による寄り添い型の支援を行います。

1 不安を抱える妊婦への新型コロナウイルス感染症検査について

(1)対象者

以下のすべてに該当する妊婦のうち、検査を希望される方

●福岡県内(北九州市、福岡市及び久留米市を除く)の産科医療機関で分娩予定である
●おおむね妊娠37週から38週(分娩予定日がおおむね2週間以内)である
 ※ただし、早産リスク等がある場合はこの限りではない
●新型コロナウイルス感染症の感染を疑う症状がない

(2)相談先・検査場所

かかりつけ産科医療機関等

※かかりつけの参加医療機関で検査を実施していない場合は、福岡県から他の産科医療機関を紹介されますのでお問い合わせください。

問合せ先 福岡県新型コロナウイルス感染症対策本部事務局(企画1班) 092-643-3609

(3)検査方法

唾液または鼻から綿棒を入れて鼻の奥から採取した粘液の検査

(4)検査費用

無料(別途、診察料等の自己負担が発生する場合があります)

(5)検査回数

妊娠1回につき1回限り

(6)里帰り出産などで県外の医療機関で検査し、費用を自己負担した場合の助成(償還払い)について

福岡県内(北九州市、福岡市及び久留米市を除く)に住所のある方が、県外の里帰り先等で同様の検査を受け自ら検査費用を負担した場合には、その費用について2万円を上限に助成します(令和2年4月1日以降の検査が対象)。

【提出書類】

【提出先】

〒812-8577 福岡県福岡市博多区東公園7番7号

福岡県新型コロナウイルス感染症対策本部事務局 企画1班

【提出期限】

令和3年4月10日
※審査及び支払に時間を要しますので、受検後、速やかにご提出ください。

2 新型コロナウイルスに感染した妊産婦への寄り添い型支援について

(1)対象者

新型コロナウイルスの感染が認められ、福岡県内(北九州市、福岡市及び久留米市を除く)で療養し、相談支援を希望する妊産婦

(2)支援内容

県保健福祉(環境)事務所の助産師や保健師等が、訪問や電話等で妊産婦のさまざまな不安や悩みをうかがい、健康管理や育児に関する助言や支援を寄り添いながら行います。
費用は無料です。

(3)連絡先

退院後に療養する地域を管轄する保健福祉(環境)事務所
月~金曜日 8時30分~17時00分(祝・祭日を除く)

※各保健福祉(環境)事務所の連絡先
粕屋保健福祉事務所 健康増進課       092-939-1534
筑紫保健福祉環境事務所 健康増進課     092-513-5583
糸島保健福祉事務所 健康増進課       092-322-1439
宗像・遠賀保健福祉環境事務所 健康増進課  0940-36-2366
嘉穂・鞍手保健福祉環境事務所 健康増進課  0948-21-4815
田川保健福祉事務所 健康増進課       0947-42-9345
北筑後保健福祉環境事務所 健康増進課    0946-22-3964
南筑後保健福祉環境事務所 健康増進課    0944-72-2185
京築保健福祉環境事務所 健康増進課     0930-23-2690

制度に関する問合せ先

福岡県保健医療介護部健康増進課母子保健係 092-643-3307