ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

熱中症の予防と対処法

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年7月24日更新 <外部リンク>

 例年にない猛暑(酷暑)が続いています。熱中症の予防は自己管理が基本です。予防対策をしっかり行い、みんなで声を掛け合って、この暑い夏をのりきりましょう。
 予防と対策の基本事項を今一度確認しましょう!

こんな症状があったら熱中症を疑いましょう。

・軽度: めまい、立ちくらみ、筋肉痛、汗が止まらない。
・頭痛: 吐き気、体がだるい、虚脱感。
・重度: 意識がない、けいれん、高い体温である、呼びかけに対し返事がおかしい、まっすぐに歩けない

熱中症は予防が大切です。

・こまめに水分補給(適度な塩分補給)。
・日傘・帽子、涼しい服装。
・こまめに日陰などで休憩。
・気温が高くなる時間帯は、不急、不要の外出は避ける。
・クーラー等をできるだけ使用し、体温の上昇をさける。
・欠食はせず、栄養をしっかり取るように心がける。
・睡眠はしっかりとり、疲れを翌日に持ち越さない。

熱中症になったときの対応

・涼しい場所に避難し、服をゆるめ体を冷やす。
  首筋、脇下、太もものつけ根など血管が集まっているところを冷やす。
・水分、塩分を補給
  意識が低下していると誤飲(肺に水分が入る)する可能性があります。他者が飲ませるのでなく、自分で飲むようにすする。

※こんな時は救急車を呼ぶ!
・呼びかけに反応しない。
・自力で水分・塩分が取れない。
・しばらく休んでも体調がよくならない等。

こんな人は特に注意!

・高齢者
 年齢とともに温湿度に対する感覚が弱ってくるため、室内でも熱中症になることがあります。家族や地域等、周りの人の声掛けがとても重要です。室内に温湿度計を置き、数字を見てクーラー等の使用やこまめな水分補給を心がけましょう。
・乳幼児
 乳幼児は体温調節が十分発達していないため体温が上がりやすく、外出時には帽子、服装、日焼け止めなどの紫外線対策と水分・塩分補給、体を冷やす保冷材等を携帯し、特に炎天下での長時間の外出は避けましょう。
・その他、持病のある方、体調の悪い方は、日中無理な活動はできるだけ控えるようにしましょう。

※よろしければご活用ください。
↓↓↓
熱中症予防(リーフレット) [PDFファイル/541KB]

 


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)