ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがす志免町からのおしらせおしらせ新型コロナウイルス新型コロナウイルスの感染拡大防止のためにひとりひとりができること
トップページ分類でさがす志免町で暮らすライフステージ医療と健康新型コロナウイルスの感染拡大防止のためにひとりひとりができること

新型コロナウイルスの感染拡大防止のためにひとりひとりができること

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年3月6日更新 <外部リンク>

新型コロナウイルス感染症とは

発熱やのどの痛み、咳が長引くこと(1週間前後)が多く、強いだるさ(倦怠感)を訴える方が多いことが特徴です。
感染しても軽症であったり、治る例も多いですが、季節性インフルエンザと比べ、重症化するリスクが高いと考えられます。重症化すると肺炎となり、死亡例も確認されているので注意しましょう。特にご高齢の方や基礎疾患のある方は重症化しやすい可能性が考えられます。
新型コロナウイルスは飛沫感染と接触感染により感染します。空気感染は起きていないと考えられていますが、閉鎖した空間・近距離での多人数の会話等には注意が必要です。
・飛沫感染 感染者のくしゃみ・咳などによる飛沫と一緒にウイルスが放出され、他の方がそのウイルスを口や鼻などから吸い込んで感染します。
・接触感染 感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、その手で周りの物に触れるとウイルスがつきます。他の方がそれを触るとウイルスが手に付着し、その手で口や鼻を触ると粘膜から感染します。

日常生活で気を付けること

町民の皆さまにおかれましては、過剰に心配することなく、インフルエンザなどと同様に、手洗いや咳エチケットなどの感染症対策に努めていただくとともに、発熱等の風邪の症状がある方はもちろん、持病のある方やご高齢の方はできるだけ人の集まる場所への外出を避けるなど、より一層の注意を払っていただくようお願いします。

新型コロナウイルスに感染しないようにするために

まずは、一般的な感染症対策や健康管理を心がけてください。
具体的には、石鹸による手洗いや手指消毒用アルコールによる消毒などを行い、できる限り混雑した場所を避け、不要不急の外出は控えるようにしてください。また、十分な睡眠をとることも重要です。

手洗い

ドアノブや電車のつり革など様々なものに触れることにより、自分の手にもウイルスが付着している可能性があります。外出先からの帰宅時や調理の前後、食事前などこまめに手を洗いましょう。

普段の健康管理

普段から、十分な睡眠とバランスの良い食事を心がけ、免疫力を高めておきましょう。体調が優れないときは、毎日体温測定を行い記録しましょう。

適度な湿度を保つ

空気が乾燥すると、のどの粘膜の防御機能が低下します。乾燥しやすい室内では加湿器などを使って、適切な湿度(50~60%)を保ちましょう。

その他関連情報