ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

令和2年度国民健康保険税の税率が変わります

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年5月15日更新 <外部リンク>

国民健康保険税について

国民健康保険税は加入しているみなさんに納めていただきます。
保険税は国保を支える貴重な財源ですので、この保険税が不足すると十分な給付が受けられなくなり、医療費の負担も大きくなってしまいます。
みなさん一人ひとりの保険税が国保を支えているのです。

令和2年度国民健康保険税の算定方法について

保険税の金額は下記の3つの項目をもとに算定し、その合計額がその世帯の金額となります。(対象は該当年度の4月から3月までの12ヶ月です)

今年度より、国民健康保険税の一部改正を行い、下表の税率で保険税を算定しております。 

 今年度の税率・税額

医療分後期高齢者支援分介護分
(40歳以上65歳未満の方が対象)
所得割世帯の所得に応じて計算
330,000円の基礎控除後の所得×所得割率

7.0%(6.8%)

2.5%

2.3%

均等割世帯の加入者数に応じて計算
均等割×被保険者数

23,000円(22,000円)

9,000円

10,000円

平等割1世帯ごと

26,500円(26,000円)

9,500円

8,000円

限度額

630,000円(610,000円)

190,000円

170,000円(160,000円)

※赤字が今年度に改正された国民健康保険税率(税額)、カッコ書き部分は前年度までの国民健康保険税率(税額)です。

※均等割と平等割については、前年中の所得に応じて、7割・5割・2割の割合で減額される場合があります。

※倒産・解雇・雇い止めなどにより離職された方は届け出ていただくことで、保険税が軽減される場合があります。

どうやって納めるの?

年税額は毎年6月に決定され、年間10回の納期で1年分の保険税を収めることになります。

年間の納付書期別
6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月
1期2期3期4期5期6期7期8期9期10期

<納付方法> ・納付書払い ・口座振替

・国保加入者全員が65~74歳未満のときは、原則年金天引きとなります。

※ただし、国保税に未納が無いなど、条件を満たしているときは、口座振替に限り、納付方法を変更できます。年金天引きを中止したいときは、中止したい月のおおむね2か月前までに窓口で申請してください。

▼納付期限
納期限及び口座振替日は、原則納付月の末日となります。12月(第7期)のみ28日が振替日となります。ただし、 末日及び12月28日が土・日・祝祭日の場合の振替日は、金融機関の翌営業日となります。(詳しくは納税通知書でご確認ください)

保険税の納付は安心・便利な口座振替で

各月の納期限日に自動的に振替されるため、納付し忘れがありません。住民課保険係窓口で申し込みできます。

▼お持ちいただくもの  国保税納税通知書・通帳・銀行のお届け印

~口座振替をご利用できる金融機関~
・福岡銀行  ・西日本シティ銀行  ・福岡県中央信用組合  ・九州労働金庫
・福岡中央銀行  ・佐賀銀行  ・粕屋農業協同組合  ・飯塚信用金庫  ・ゆうちょ銀行