ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

限度額適用認定証などの交付

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年7月31日更新 <外部リンク>

高額な診療を受けるときは限度額適用認定証を利用ください

病院での1ヵ月の医療費が高額で家計の負担となる方は、「限度額適用認定証」の交付申請をしてください。

「国民健康保険被保険者証」と「限度額適用認定証」を提示すると、病院窓口での支払いが、一定の限度額までとなります。

また、住民税非課税世帯の場合は、「限度額適用・標準負担額減額認定証」の交付となります。この認定証の交付を受けた方は、入院時の食事代も減額されます。

※現在、国民健康保険の「限度額適用認定証」「限度額適用・標準負担額減額認定証」をお持ちの方は、有効期限が令和2年7月31日となっています。引き続き必要な方は、8月中に申請してください。

対象者

以下に当てはまる方で、1ヵ月の医療費が高額になる方

  • 69歳以下の国民健康保険加入者
  • 70歳~74歳の国民健康保険加入者のうち、下表の2、3および住民税非課税世帯に当てはまる方

※外来診療でも限度額適用認定証が利用できます

70歳~74歳の方の自己負担限度額

区分(年収)

限度額 外来(個人)

限度額 入院+外来(世帯)

1 現役並み (課税所得690万円以上)

252,600円+(医療費-842,000円)×1%

(※140,100円)

2 現役並み (課税所得380万円以上)

167,400円+(医療費-558,000円)×1%

(※93,000円)

3 現役並み (課税所得145万円以上)

80,100円+(医療費-267,000円)×1%

(※44,400円)

一般

18,000円

57,600円 (※44,400円)

住民税非課税世帯

8,000円

24,600円

住民税非課税世帯 (所得が一定以下)

15,000円

※過去12ヵ月間に、同じ世帯で高額療養費の支給が4回以上あった場合の4回目以降の限度額

有効期限

申請した月の初日から令和3年7月31日まで

※令和3年7月31日以前に75歳の誕生日を迎える方は、誕生日の前日まで

申請に必要なもの

  • 国民健康保険被保険者証
  • 手続きに来られる方の本人確認ができるもの(マイナンバーカード・運転免許証・パスポート等) ※官公署が発行した顔写真付きのもの以外は2点必要
  • 世帯主および被保険者のマイナンバーがわかるもの(マイナンバーカード・通知カード・マイナンバーが記載された住民票の写し)
  • 印かん
  • 同じ世帯の国民健康保険加入者全員分(擬制世帯主を含む)の所得(非)課税証明書 ※令和2年1月2日以降に志免町に転入した方のみ
  • 委任状 ※別世帯の方が手続きに来られる場合