ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

町内会活動紹介(第2回)

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年12月14日更新 <外部リンク>
昭和38年、志免町に誕生した町内会。
現在、その数は30町内会となり様々な活動をされています。
そこで、各町内会の魅力ある活動を紹介していきます。

別府町内会

別府町内会は、志免町の北西部、志免西小学校校区に位置しています。
志免町行政区再編成により、平成元年に別府一町内会から分割され別府町内会として発足しました。
発足当時は約450世帯でしたが、近年、大型マンション等の建設が相次ぎ、現在では1000世帯を超すマンモス町内会となっています。

別府町内会では、福祉部、環境部、体育部、青少年部、婦人部の5つの部を設定し、それぞれの目的に沿って活動しています。
各部の積極的な活動の一つとして、志免町全域で実施している春、秋の一斉清掃のほか、毎月第3日曜日を定例環境衛生日と定め、各自、家の周りを清掃したり、
町内会主催で実施する年3回の資源回収などを通して、町の環境美化に貢献しています。

また、地域住民の交流・親睦をはかるために、町内会の方々が総出で盛り上げる「ふれあい納涼まつり」や、
隣組対抗でアトラックゲームやシャフルボードで競い合う「隣組親睦レクレーション」に特に力を入れています。

その他にも、様々な活動を通して、地域の交流を深め、ふれあいを大切にすることで、地域が温かくなり、安全に安心して暮らせる町内会がつくられていくと願っています。

隣組親睦レクレーションの写真      シャフルボードの様子