ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

5月は消費者月間です

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年4月1日更新 <外部リンク>

消費者月間 『ともに築こう 豊かな消費社会 ~誰一人取り残さない~』

5月は消費者月間です。

 2015年国連内で採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」は、経済・社会・環境をめぐる広範な課題について、すべての関係者の役割を重視し、「誰一人取り残さない」世界の実現を目指す国際目標です。
 日本政府は2016年にSDGs推進本部を立ち上げ、関係者との連携のもと、「豊かで活力ある未来像」を創るため、様々な施策に取り組んでいます。
 消費者庁では、消費者利益の擁護・増進のための制度整備はもとより、「エシカル消費」の普及・啓発を含む消費者教育の推進や、食品ロス削減を目指す国民運動の展開、子どもの事故防止のための啓発活動などの施策を実施しています。
 様々な主体が当事者としての役割を考え、行動していくきっかけになるように消費者月間の統一テーマに掲げます。

悪質商法に注意!

悪質商法には、様々なものがあり、近年は、インターネット、ICカードを利用した架空請求、多数の登場人物によるニセ電話詐欺、還付金・払い戻し金を利用した詐欺など年々複雑化、巧妙化しています。これらの詐欺、悪質商法に騙されない消費者を目指しましょう。万一被害に遭ったり判断を迷った時には一人で悩まず消費生活センター、警察に相談をしてください。

出前講座を行います

老人会や育成会、町内会など各種団体向けに出前講座を行います。ぜひご活用ください。
お申し込みは、かすや中南部広域消費生活センター・各町担当課へご連絡ください。