ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ防災・防犯情報災害に対する情報を集めてください

災害に対する情報を集めてください

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年12月26日更新 <外部リンク>

災害に備えよう!災害を考えよう! H28年11月号

  災害が発生した時に落ち着いて行動するのは、難しいものです。日ごろから災害に対する心構えができるようにいろいろな情報を集めるようにしましょう。

災害情報に気を付けてください

1.TV、ラジオ、インターネットなどで情報を集める 
台風や大雨などの気象に関する情報はTVやラジオ、インターネットなど様々な方法で得ることができます。特に気象警報などが出た場合、TVでは本放送の画面を小さくしてさまざまな情報を表示します。また通常の放送でもニュースや天気予報で災害が起こりそうな場合、注意喚起がなされます。
台風の接近時や大雨の警戒警報などが出た場合は気象情報に注意してください。
2.緊急地震情報
気象庁が地震による強い揺れが起こる事を事前にお知らせする情報です。
強い揺れ(震度5弱以上)が予想され、その地震による余波で揺れが予想される地域に発表されます。
携帯電話、スマートフォン、TV、ラジオ、防災行政無線を通じて強い揺れが来る前にみなさまにお知らせしますので、緊急地震速報を聞いたときは、地震に備えてください。
3.エリアメール(携帯電話、スマートフォン) 
気象庁が配信する緊急地震速報・津波警報・気象等に関する特別警報、国や地方公共団体が配信する災害・避難情報を、特定エリアへ一斉配信するサービスです。
たとえば、志免町が避難情報などをエリアメールで配信すると、志免町のエリアにいる方に情報が届きます。
だだし、携帯電話の基地局の関係で、宇美町や須恵町の避難場所開設などのエリアメールが入る場合がありますのでご注意ください。
4.防災メールまもる君(登録制)
福岡県内の地震、津波、台風、大雨などの注意報、警報情報を受信できます。
福岡県からの「災害時の注意の呼びかけ」や県内の市町村からの「避難勧告」などの防災情報をお知らせします。
( 防災メールまもるくんHP<外部リンク> )
5.防災行政無線 
志免町内全域にさまざまな情報を届けるために放送を行っているものです。
防災行政無線が聞き取れなかった場合、フリーダイヤル0120-8982-19(ヤクバニイク)に電話していただきますと放送内容が確認できます。
6.Jアラート 
弾道ミサイル情報、津波情報、地震速報など、対処に時間的余裕がない事態に関する情報を通信衛星を用いて地方公共団体に瞬時に伝達し、市町村防災行政無線を自動起動させ、サイレンや放送によって住民へ緊急情報を伝達するシステムです。この緊急情報は内閣官房・気象庁から消防庁を経由して発せられます。

災害情報を得たときの行動

 緊急地震速報、Jアラートによる地震、津波、ミサイルなどの特別警戒警報が出た場合、災害発生までに時間的余裕がほとんどありませんので、自分の身を守ることを第一に考え行動してください。台風情報や大雨警報では、気象情報が警報を出してから災害が発生するまでに時間の余裕がある場合が多いので、家族やご近所と連絡をとりあって避難に備えた行動をしてください。

災害に驚かないように日ごろから気をつけてください 

  災害に対して出会いがしらのようにいきなり遭遇すると、ほとんどの方が冷静な対処をすることが難しいと思います。
ほんの少しでも災害の前に心の準備ができる時間があれば、災害から身を守る心構えができるのではないかと考えます。緊急地震速報やJアラートは、その一瞬のためにみなさに情報をお伝えしています。不安をあおるような音ですが、次に起こる災害に意識を向けてください。
 大雨や、台風などの気象に関する情報はTV、ラジオのニュース、天気予報を日ごろから確認するよう心掛けてください。台風の進路や大雨に対する警戒など重要な情報が流されています。また大規模な災害ではなくてもゲリラ豪雨や突風、竜巻などの局地的な災害に対する情報も得ることができます。
 しかし、先の熊本地震のように各緊急速報、警戒情報よりも早く災害が襲ってくる場合もあります、『災害は忘れたころにやってくる』といった格言があります。日ごろから災害に対して気を付けて自分の身を守れるようにしてください。